【引越し】退去時(明け渡し)の掃除はどこまでやるべき?

賃貸物件を契約している人は、引越しするときに大家さんや管理会社さん立ち会いの元、【明け渡し手続き】をしなくてはいけません。簡単に言うと、「お前、この部屋をめちゃくちゃにしてないだろうな?」と、確認されることになります。

例えば部屋の壁に穴が空いていたり、フローリングが見るも無残にベッコベコになっていたり。とにかく「痛み具合が半端ない箇所」については、退去時に精算しなくてはならず、要するに「弁償しなくちゃならない」ってこと。

 

なので、退去時の明け渡し手続きのときは、【如何に部屋を綺麗にしておくか】が大事なストロングポイントとなりますので、綺麗にできる箇所を圧倒的に綺麗にしておき、明け渡し時の弁償額を少なくしちゃいましょう。

ということで今回は、引越しで部屋を明け渡すときの「掃除」に関するアレコレをお話していくので、目と鼻の先に引越しが迫っている人は、ぜひ参考までに。

明け渡しのときは、部屋を圧倒的に綺麗にしておこう

部屋を明け渡すときに知っておきたいアレコレまとめ

  • 賃貸物件は「原状回復」が基本
  • 退去時は管理会社立ち会いの元、傷や汚れをチェック
  • 立ち会いの流れを簡単にチェック
  • 明け渡し前にやっておきたい「掃除」ポイント

引越しが決まり、部屋を明け渡すことになった時点で知っておきたいアレコレはこんな感じ。では、一つずつみていきましょう。

賃貸物件は「原状回復」が基本。だけど、時の流れと共に発生する劣化(経年劣化)については回復義務はない

賃貸物件を契約するときは、ほとんどの場合で【退去時は原状回復でお願いします】という取り決めがされています。要するに、借りたときの状態で返してくれよ!ってこと。

例えば、無断でクロス(壁紙)を白から青に変えてしまった・・・とか、タバコのヤニで天井が黄色くなってしまっていたりだとか、彼女との喧嘩で壁に穴を空けてしまったりだとか。とにかく、入居者が故意的につけてしまった汚れや傷については、入居者側に「弁償義務」が課せられます。

 

ただし、「形あるものはいつか壊れる」という言葉があるように、時間の流れと共に劣化してくる箇所は必ずでてきてしまいます。例えば太陽の光でクロス(壁紙)が変色してしまったり、フローリングが傷んでしまったり、入居者の意思とは無関係に劣化してしまう箇所は必ずありますよね。

このような自然に劣化しまうことを「経年劣化」と言いますが、この経年劣化に関しては(基本的に)貸主側が負担することになるのが一般的です。

 

まとめると、入居者が故意的につけた汚れや傷は「入居者負担」となり、経年劣化による傷や汚れは「貸主負担」となります。入居者が負担するお金については、入居時に「敷金」を払っている場合はその中から支払われ、差し引き額が返還され、敷金0で入居した場合は、現金で支払わなければなりません。

故意的につけた傷なのか、経年劣化のものなのかを判断する基準が曖昧なため、明け渡しのときに「金銭トラブル」に発展してしまうことが非常に多いので、事前に傷や汚れを確認しておき、立会時に管理会社や大家さんと双方が納得するまで話をまとめておきましょう。

MEMO
経年劣化は貸主負担となり、弁償する必要がない

退去時は大家さんや管理会社が立会いし、部屋の傷や汚れをチェックする

すっごく細かくチェックされるよ・・・

部屋の荷物を出し終えると、ホッとする間もなく大家さんや管理会社立ち会いの元、部屋の傷や汚れをチェックされることになります、部屋の広さにもよりますが、時間にして30分〜1時間程度はかかりますので、時間的なスケジュールを空けておくように調整しておきましょう。

管理会社によって重点的にチェックするポイントは異なりますが、クロス(壁紙)の劣化状態や、フローリングの傷や劣化状態、水回り(台所、風呂、トイレなど)を見られることが多いです。

 

この時点で、「この傷は入居前からあったものだ」とか、「このクロスの劣化は経年劣化によるものだ」とか、とにかく双方が納得いくまで話を詰めていないと、後々の金銭トラブルへ発展する可能性が高くなってしまうので、なるべくシビアに話をまとめておきましょう。

立ち会いが終わると鍵を返還し、無事退去完了となります。後日、管理会社から精算見積書が送られてきますので、後は流れに沿って精算するだけです。

MEMO
納得するまで話を詰めよう

立ち会いの流れを簡潔にチェック

始めての引越しで部屋の明け渡し未経験な人は、立ち会いの全体的な流れが掴めないと思うので、ここで【部屋を明け渡すときの大体の流れ】をまとめておきたいと思います。

  1. 引越し日を決める
  2. 管理会社へ立ち会い日を申し込む
  3. 荷物の運び出しが終わると同時に部屋を綺麗に掃除する
  4. ガスの閉栓も予約しておき、同時に閉めてもらう
  5. 管理会社立ち会いの元、部屋のチェック
  6. 納得したら部屋の鍵を返還し、電気のブレーカーを落としてから部屋を後にする

大まかな流れとしてはこんな感じ。特に難しいことではないので、引越し日が決まれば早々に管理会社へ連絡し、立ち会いの予約を取っておきましょう。

退去前にやっておきたい!ここを掃除すれば返ってくる敷金が多くなるかも!?ってポイント

張り切って掃除しよう!

賃貸物件を明け渡すときに【どこまで掃除すればいいのか?】と悩む人は多いと思いますが、結論としては【必要以上に掃除する必要はない】と言えます。

例えば、経年劣化で傷んだクロスを張り替えたり、ハウスクリーニング業者に委託して掃除してもらったり。とにかく、無駄にお金をかけて掃除する必要は全くない!ってこと。長年お世話になった部屋を最後に綺麗にしておきたい・・・って人は別ですけどね。

 

では、明け渡し時は一体どこを重点的に掃除しておけばいいのか?を簡潔にまとめておきたいと思います。

ここを掃除しておこう
  • 床に散乱している埃を掃除機で徹底的に除去
  • エアコン、室外機の汚れ、埃
  • 窓ガラスを綺麗に拭く
  • 風呂場のカビや汚れ
  • 換気扇回りの油汚れ
  • 電気スイッチの上に溜まってる埃
  • トイレの黒ずみや黄ばみ

このように、とにかく入居者が注意していれば綺麗に保てる箇所を徹底的に掃除しておくことで、「この人は綺麗に部屋を使ってくれてたんだな」という印象を持ってもらえ、チェックが緩くなるかもしれません。

所詮、人対人のやり取りですからね、良い印象さえ持ってもらうことができればこっちのもんなので、とにかく自力でお金をかけず掃除できるところはピッカピカにしておき、立ち会いに挑みましょう。

 

以上、退去時(明け渡し)の掃除はどこまでやるべき?って話でした。