仏滅に引越しは縁起が悪い?【※対策方法や料金についてのまとめ】

日本は無宗教信者が多い割に、言い伝えというか縁起物というか。とにかく「これはダメ!」と言われているものに恐れをなしている人が多い国です。

今回のテーマである「仏滅」も例外ではなく、ただ単に【みんな仏滅はダメって言うから・・・】と、特に理由も知らず仏滅を避けて通る傾向にあるんですね。

 

今回は、そんな嫌われ者である「仏滅」に引越しするときのアレコレをまとめていきますので、引越しの日取りが気になって気になって夜も眠れない・・・って人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

仏滅怖いよー・・・
うるせーなお前

仏滅と引越しの関係アレコレ

  • そもそも仏滅ってなに?
  • 仏滅を嫌がる人は意外と多い
  • 仏滅は引越し料金が安くなる
  • 逆に「仏滅は引越しに最適!」と言う人も
  • 仏滅に引越しするときの対策方法

 

そもそも仏滅ってなに?

仏滅のことを何も知らず、とにかく皆口を揃えて「仏滅はダメ」って言うからとりあえず避けてる・・・って人があまりにも多いため、【そもそも仏滅ってなんなの?】という疑問を明確に解決しておきましょう。

そもそも仏滅とは、明治時代に中国から伝わってきた「六曜」に基づいたもので、仏滅の他に

  • 赤口(しゃっく)
  • 大安(たいあん)
  • 友引(ともびき)
  • 先負(せんぶ)
  • 先勝(せんしょう)

 

があります。大安と友引は結婚式に良いとされてるので、大体の人が知っていると思います。言わずとも大安と友引は【縁起が良い日】と持ち上げられていますね。

当然引越しに関しても大安、友引が良いとされていますし、先負は午前中が凶で午後が吉とされていることから「午後の引越し」、先勝は午前が吉で午後が凶とされているので「午前の引越し」が良いとされています。

 

ちなみに問題の仏滅は、問答無用で【引越しに向いていないカスな日】と信じ込まれています。しかも、仏滅は【仏も滅するような大凶日】と言われてますからね、聞くだけでも恐ろしい。

仏を滅するんですからね、半端ない。

 

さて、このように日本では「六曜」が馴染んでいますが、六曜が伝わる前まではそのような伝えは全くなく、仏教との絡みも一切ありません。

ですので、仏滅は日本固有の考えではなく、あくまで中国から人伝いで伝わってきた「迷信に近いもの」と認識しておき、引越しの日取りも「仏滅だから・・・」と敬遠するのではなく、多方面から色々な情報をまとめ、引越し日を決めたほうが何かと捗りますよ!

引越し日に仏滅を嫌がる人は意外と多い

以前、引越し業者に勤めている知り合いに聞いた話ですが、やはり【仏滅に引越しするなんてあり得ない、無理!】って人が一定数いるようです。

宗教的な理由で仏滅を避けてる人はまだしも、そのほとんどが良く分かりもせず「仏滅だから」という理由で敬遠しているそう。

 

特に40代以降の年代は「六曜」に関してシビアな人が多いらしく、30代、20代と年代が下がってくるにつれ、仏滅を気にする人が減ってくるようです。学生さんなどの若い世代は「仏滅?何それ美味しいの?」レベルの感覚な人が多いらしく、後20年もすれば【そう言えば仏滅って言葉もあったな・・・】って時代に移り変わるかもしれませんね。

仏滅は引越し料金が安くなる傾向

仏滅は他の日(大安や友引など)に比べると、圧倒的に引越し依頼件数が少なくなる傾向なので、引越し業者によれば【仏滅の日は安くしておくよー】と引越し料金が割引されることがあります。

仏滅を嫌ってる人からすると値段が安くなることに魅力を感じないかもしれませんが、「仏滅なんてどうでもいいよ」って人からすると、こんなお得な話はありません。仏滅の日を選ぶだけで引越し料金が安くなるんですからね。

 

特に2月〜4月の引越し繁忙期ともなると、大安、友引は一瞬にして予約が埋まってしまうので料金が高く設定されがち。しかし、仏滅に関しては(閑散期と比べると高いですが)安い料金設定となっていることが多いです。

これから新生活を始める人は「少しでもお得に引越ししたい!」って人が大半を占めると思うので、敢えて仏滅の日に引越しすることも検討してみてはどうでしょうか?

逆に仏滅は「引越しに最適な日!」と豪語する人もいる

仏滅に引越しなんて死んでも嫌!!と言い張る人がいる一方、逆に【何を言ってるんだ、仏滅ほど引越しに適した日はないだろう!】って人もいます。

六曜に興味のない人からすると凄くどうでもいい論争ですよね、ほんと。

 

なぜ仏滅が引越しに適していると言う人が一定数いるのかと言うと、仏滅を「仏を滅する」という意味で解釈せず、物滅(物が滅する日)と解釈しているから。

引越しは今まで使っていたものを捨てることも多く、【物を捨て、新たに新生活を始める】という意味で、言わば「新たな門出にピッタリな日」と解釈することもできる訳です。なんとも都合の良い解釈のようにも感じますが、そういう捉え方もある・・・ということを知っておいて損はないでしょう。

どうしても気になる人は参考に!「仏滅に引越しするときの対策方法」をまとめてみる

仕事や契約の関係上、嫌でも仏滅に引越ししなければいけない人も多いと思いますので、そんなあなたに【仏滅を帳消しにできる対策方法】を耳打ちしておきます。

先に現地入りする

引越し日は荷物を運ぶ日を指すのではなく、入居した日が引越し日となります。

 

ですので、荷物を搬入する前にライフラインを開通したり、例えば大安の日に鍵を受取り新居で寝泊まりすることで、意図的に仏滅を避け引越しすることが可能になります。

こんな感じで、仏滅前に新居やお箸やお茶碗など、日常的に使う小物を運んでおくのもありですし、電気、ガス、水道を開通してしまえば、その日から新居での生活がスタートしたことになります。

どうしても「仏滅の日に引越しは嫌!」って人は、どうぞやってみて下さい。

MEMO
要は気持ちの持ちよう

思い立ったが吉日って言葉もある

日本には、「思い立ったが吉日」って言葉があります。言葉通り、思った瞬間に行動するのがベスト!って意味なので、仏滅だろうが大安だろうがなんだろうが、自分が決めた日に引越しするのが一番です。

仏滅とか大安とか、根拠のない迷信に囚われず、自分の都合、自分の考えをベースに、引越し日を決めることが何より先決ですので、まぁそんな感じ。