引越し業者さんに心づけ(チップ)を渡したほうがいいのかどうなのか問題【※金額相場や渡すタイミングなど】

今回は、引越し作業を手伝ってくれる引越し作業員さんに対し「心付け(チップ)」は必要なのかどうなのか?って話。また、心付けを渡すとなると、現金が良いのか現物が良いのか、現金で渡す場合の金額は幾らが相場なのか?

ってところについても具体的にまとめていきますので、「引越し業者さんにチップを渡したほうがいいのだろか?」と迷っている方は、ぜひご参考までに。

引越し業者さんに心付けを渡せばいいのかどうなのかが分からない・・・どうしよう(´;ω;`)

引越し業者さんにチップを渡すかどうか迷ったときに知っておきたいアレコレ

  • みんなはどうしてる?チップを渡している人の割合
  • 心付けは現金か、それとも現物か
  • 渡すチップの金額相場
  • チップを渡すタイミング
  • 現金で渡すときはポチ袋へイン
  • 現物で渡すときは飲み物がベター

引越し業者さんに心付け(チップ)は渡すべきなの?実際に聞いてみた

手軽にアンケートを実施できるクラウドソーシングサービスを使い、実際に引越し業者に依頼したことがある人へ【心付け(チップ)を渡したことがあるかどうか?】とアンケートを実施したところ、このような結果となりましたのでご報告を。

結果としては、チップを渡した人が68%で、渡さなかった人が32%という結果となりました。おおよその割合で言うと、10組に6〜7組が作業員さんへチップを渡しているようです。

多くの引越し業者(特に大手業者)に関しては公式ホームページへ「作業員への心付けは必要ありません」と明記されているのにも関わらずこの結果ですから、チップ文化のない日本でも【引越しに関しては何かしらの心付けをする文化がある】と言えますね。

 

ただし、単身引越しのような作業員も少数で尚且つ時間がそれほど必要でない引越しに関しては、心付けを払わないという人が多いように感じますので、その辺りはケースバイケースで考えておきましょう。

作業員さんへありがとうの気持ちを具現化したいときはチップを渡す、お金を払ってやっていることだから・・・と考えるのであれば渡さない。どちらを選ぶかはその人次第です。

MEMO

チップ文化のない日本でも、なぜか引越し作業員さんにはチップを渡してしまう不思議

心付けはどのような形で渡すのか?現金なのか、現物なのか?って話

心付けを渡すときは、必ずしも現金である必要はありません。もちろん、現金がダメだと言う訳ではありませんが、現金だと貰うほうも渡すほうも何かしらの気を使うことになるので、そのような懸念がある方は「現物」をチップとして渡すほうが良いでしょう。

そこで、実際に引越し業者に依頼したことがある人で、尚且つ「チップを渡したことがある人」に向け、【心付けは現金、現物、どちらを選択したか】についてアンケートを取ってみたので、その結果をご報告します。

今回のアンケート結果では、現金で渡した人が59%、現物で渡した人が41%いう結果となりました。半数以上が現金でチップを渡していますので、引越し業者さんへ渡す心付けで一般的なのは「現金」だということですね。

MEMO

心付けは、どちらかと言うと「現金」で渡す人が多い模様

引越し業者さんに渡すチップの相場(金額)

チップの金額相場が分からないよ〜(´;ω;`)

引越し業者さんへ心付けとして「現金」を手渡す場合、一体いくらが適正値なのでしょうか?結論としては、渡すほうも貰うほうも気を使わない金額であることが理想で、具体的な金額は【500円〜1000円】となってます。

500円だと小銭になってしまうので、作業員1人辺り1000円をチップとして渡すのが良さそうです。例えば作業員さんが5人なら、1000円札5枚を用意する・・・こんな感じ。

代表者さんにまとめて渡すのがスムーズだけど、作業員全員がいる前で渡すようにしよう

心付けとして現金を渡す場合、作業員さん一人一人に配って周るのは面倒だし、手間がかかってしまうので、基本的には作業員さんの中で一番えらい人、つまりリーダー格の人にまとめて渡すほうがスムーズです。

ただし、作業リーダーさんの中にはジャイアン的な人が絶対いないとも限りませんので、その辺りの配慮は必要です。「俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの」的な感じ。

 

要するに、貰った心付けを独り占めしようとする悪い人がいる可能性があるので、作業員さん数人がいる前で「これ、ほんの少しですが・・・」と、心付けを渡したことを周知の事実とするようにしておこう!ってこと。

こうすることでジャイアンが心付けを独り占めできない状況を作り上げることができるので、色々安心です。

MEMO

世の中、心付けを独り占めしようとするつまらない人間が一定数いる

現金で渡す場合、ポチ袋的な何かに入れておこう

心付けを現金で渡す場合は、裸ではなく「ポチ袋」的な何かに入れておくようにしましょう。絶対にポチ袋である必要はなく、封筒でもいいしビニール袋でもいいし、とにかく何でも良いので、お金が直接見えないようにしておこう!ってこと。

「これ、チップです」と財布からお金を出す姿は格好良いですが、やはり日本ではチップ文化が浸透していないため、「なんかイヤラシイ」「嫌味に見える」みたいな見方をされることが懸念されますので、外国的なチップは止しておくのが無難です。

 

コンビニとかロフトとか無印良品とかに行くと手頃なポチ袋が売っていると思うので、引越し前に用意しておくことで何かと捗ること間違いなし!

MEMO

裸で現金を渡すのだけは止めておこう!

現物でポピュラーなのは、やっぱり「飲み物」

「お金を渡すのは何となくイヤラシイ・・・」と考えてしまう人は、心付けとして何かしらの現物を差し上げるのも一つの手です。では、現物で心付けを渡すときは何を渡せばいいのか?って疑問を解決してみます。

引越し作業員の方に渡す(現物の)心付けでポピュラーなのは

これがポピュラー
  • 飲み物(お茶やコーヒー)
  • パンやおにぎり

この2つですね。

 

ただ、作業員さんの中にはパンが嫌いだったり、コーヒーが飲めなかったりする人がいるかもしれませんので、個人的にオススメな方法としては、「コーヒーとお茶」を人数分買うことです。

例えば作業員さんが5人いる場合、コーヒーを5本、お茶を5本って感じですね。さすがにコーヒーもお茶も飲めない・・・って人は少数派だと思うので、分け隔てなく心付けを受け取ってもらうことができますね。

 

コーヒーとお茶を1本ずつ買っても1000円そこそこの出費で済みますので、現金で心付けを渡すことを考えると安いものです。現金だと「5人×1000円」で5000円もの出費となりますからね、笑えない金額です。

MEMO

心付けを現物で渡すときは、コーヒー+お茶の組み合わせが無敵

以上、引越し業者さんへ心付けを渡すかどうかのアレコレでした。