引越しするときは、エアコンの取り付け、取り外しを考慮しておこう【※自分でできる?料金はどれくらい?など】

引越しをするときは、エアコンの取り付け、取り外しについても考慮しておかなければいけません。新居へ運び再度取り付けるのか?それとも処分し、新しく購入するのか?を考え、答えをまとめておきましょう。

このページでは、「引越し業者へエアコン工事を依頼したときの料金は?」「自分で取り外すことはできないの?」など、引越しのときのエアコン問題についての全てをまとめておこうと思うので、ぜひ参考までに。

エアコンの存在を忘れないようにね

引越しするときの「エアコン工事」問題に関するアレコレ

  • 引越しのときはエアコンを取り外さなければいけない
  • 置いていくのはダメなケースがほとんど
  • 元々付いていたエアコンはそのまんま
  • 新居へ持っていくか、処分するかの判断ポイント
  • 自分で取り外せるのか?
  • 引越し業者へ依頼したときの費用
  • エアコン工事は追加料金が発生しやすい
  • 引越しの2〜4週間前には予約しておこう
  • 相見積もりで最安値なエアコン業者を見つけよう
  • 引越しの距離によっては同じ業者に任せるべき

 

引越しするときのエアコン工事で意識しておきたいポイントはこんな感じ。エアコンの取り外し、取り付けは色々面倒なことが多いから、ギリギリで決めるのではなく、余裕を持って決めておきたいところです。

では、一つずつ噛み砕いてお話していきます。

MEMO
エアコンを忘れずに

引越しのときはエアコンを取り外さなければいけない

現住居には恐らく最低でも1つ、多い家庭だと3つ〜5つのエアコンが設置してあると思いますが、自分で購入し、取り付けたエアコンについては【必ず取り外す】必要があります。

エアコン取り外しには専門的な知識が必要になるので、言わずとも「専門業者」へ依頼し、取り外して貰わなくてはいけません。エアコンの台数が多くなればなるほど費用が嵩みますので、費用面についても色々考えておいたほうが良いでしょう。

置いていくのはダメなケースがほとんど

エアコンを置いていけば、次の入居者に使ってもらうことができるし、管理会社もエアコン購入費用が浮くんじゃないの?とお考えになる人は案外多いようですが、これ実はNGです。

賃貸物件に備え付けられているエアコンは入居者所有ではなく、管理会社所有となり、故障や何かしらのトラブルがあった場合、全責任を管理会社側が保証しなければならないのです。要するに、使い古したいつ壊れるかも分からないエアコンを置いていかれる行為は迷惑でしかない・・・ってこと。

 

ただし例外もあり、管理会社側が「置いていってもいいですよ」と言ってくれた場合は、取り外さずそのまま明け渡して大丈夫です。この辺りは聞いてみなくちゃ分からないことなので、まずは問い合わせてみて下さい。

MEMO
置いていくのはすっごく迷惑

元々ついていたエアコンはそのまんま置いておこう

前項でもお話した通り、賃貸物件に元々取り付けられていたエアコンは「管理会社所有」となるので、そのまま置いておくのが正解です。取り外して持っていけばただの泥棒ですからね、「このエアコンは俺のもの!」とジャイアン的な思考はNGです。

余談ですが、賃貸物件は「原状明け渡し」が入居者側の義務となってます。要するに、元々取り付けてあったエアコンに限らず、元から付いていたもの全てを現状回復状態で明け渡さなければいけないことになっています。

新居へ持っていくか、それとも処分するかの判断ポイント

場合によっては処分しよう

現在使っているエアコンを新居へ持っていくか、それとも処分するかを判断するときのポイントですが、単純に【古くなっているかどうか】で決めましょう。

一般的にエアコンの寿命は10年と言われていますので、それに近い年数を使っている場合、使用時に異音がしたり、冷房効果が薄くなっている気がする・・・などなど、判断できるポイントは沢山あるはずです。また、古くなったエアコンは無駄に電気代が高くなってしまうので、最新モデルに買い替えたほうが何かと捗るケースが多いです。

 

ちなみに、エアコンを処分するときは「家電リサイクル法」に基き処分しなければいけません。家電リサイクル法とは・・・

一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。引用:経済産業省

テレビや冷蔵庫に加え、「エアコン」も家電リサイクル法適用内の家電ですので、処分するときは気をつけましょう。ちなみにリサイクル料は1000円〜2000円程度です。

 

エアコンを家電リサイクル法に基き処分するには、以下2つの方法があります。

  • 家電量販店などに持ち込む
  • 自治体から許可が出ている業者に持ち込む

 

家電量販店で処分してもらう場合、取り外したエアコンを持ち込む必要があります。リサイクル料金、運搬料金は家電量販店によって違うので、最寄りの店舗へお問い合わせしてみて下さい。

例えばヤマダ電機だと→家電リサイクル回収のお申込みについて

自治体で許可を受けた業者で処分する場合、事前に郵便局でリサイクル料を支払ってから引き渡すことになります。

自分で取り外し、取り付けすることはできるのか?って疑問

エアコン取り外しや取り付けに無駄なお金を払いたくない!って理由で【自分で取り付け、取り外しはできないのかな?】と疑問に感じる人も多いようですが、結論としてはできなくはないけど、やらないほうがいい!となります。

エアコンの取り付け、取り外しには専門知識が豊富に必要で、やり方を間違えるとエアコンを壊してしまうことになるし、部屋の壁に取り返しのつかない傷を負わせてしまうことも考えられます。こうなると余計余分なお金がかかってしまいますからね、損でしかない。

 

また、エアコンを取り付けるにはモンキーやペンチ、ドライバーなど沢山な工具が必要となり、1から揃えるとなると数千円単位の出費は免れません。

普段から工具を使うのであればまだしも、エアコン取り外しのために工具一式を揃えるのもどうかと思いますし、その金額にプラスαすれば「業者へ依頼できるんじゃ・・・」ということを考えると、自分でエアコンを取り外すメリットがなくなりますね。

 

まぁ人生何事も経験ですし、敢えて自分でやってみるのも有りかもしれません。エアコンの外し方法については以下のサイトで丁寧に解説されていましたので、ぜひ覗いてみてはどうでしょうか?

引越し業者へエアコンの取り外し、取り付けを依頼したときにかかる料金

引越し業者の中には、オプションとして「エアコンの取り外し、取り付け」をサービス展開しているところがあります。引越しと同時にエアコン工事を依頼することができるので、手間なくスムーズに事を運ぶことができますね。

では、引越し業者へエアコン工事を依頼したときにかかる料金をまとめておきたいと思います。(あくまで一例なので、正確な料金は要問合せ)

引越し業者 取り付け 取り外し
アリさんマーク 9500円〜 9500円〜
サカイ引越しセンター 5000円〜(市外は別途料金) 5000円〜(市外は別途料金)
アップル引越しセンター 脱着で10000円〜 脱着で10000円〜
ヤマトホームコンビニエンス 12000円〜 8000円〜
MEMO
案外高い

エアコン工事は追加料金が発生しやすい

実はエアコン工事は「追加料金」が発生しやすくなっており、専門業者に依頼しようと、引越し業者にお願いしようと、追加料金がかかるときはどう足掻いてもかかってしまいます。

追加料金が発生してしまう理由は、「ホースの長さが足りない」「室外機の取り付け位置」など、様々です。

 

特に配管ホース絡みの追加料金はよくある話で、相場で言えば1m辺り5000円程度の追加費用がかかってしまいます。業者もある程度は事前に予測してくれますが、新居へ下見する訳ではないので、当日になり「やっぱ足りなかった・・・」となることが多いのです。

こればかりはどうしようもないことですし、予測するのも困難なことなので、「エアコン工事に追加料金は付き物」と認識しておき、事前に腹をくくっておきましょう。

専門業者に依頼するときは2週間〜4週間前に予約をとっておこう

エアコンの取り外し、取り付けを専門業者へお願いするときは、必ず「引越し日の2〜4週間前」に予約をとっておくようにしましょう。引越し日が近くなり、慌てて予約しようとすると【どこも空いてない・・・】ってことに成りかねませんからね。

ちなみに、引越し繁忙期である2月〜4月にかけては、引越し業者同様、「エアコン工事業者」も盛況することになります。この時期の引越しは早め早めの行動がスムーズに事を運ぶコツでもありますので、1ヶ月前には行動に移しておきたいところです。

MEMO
早め早めの行動が大吉

相見積もりで最安値なエアコン業者を見つけよう

エアコン工事は業者によって料金設定が違いますので、1社だけの見積りでは「損をする」ことが多いです。ですので、エアコン工事を安く済ませるためには【相見積もり】を行い、少しでも安い業者へ依頼することをオススメします。

例えばAの業者は10000円、Bの業者は12000円、Cの業者は9000円みたいな感じ。

 

業者1件1件に見積り依頼するのもアリですが、ただでさえ時間がかかる引越し作業に無駄な時間を費やすのはどうかと思いますので、そんなときは「エアコン工事一括見積りサービス」を活用しましょう。

文字通り、複数のエアコン工事業者へ一括で見積り依頼できるサービスですので、要するに「究極の時短ツール」ってこと。利用は完全無料なので、ぜひ活用してみて下さい。

エアコン工事一括見積り
エアコン工事最安値を探す

引越しの距離によっては一つの業者へ任せたほうが楽

引越しのときは、取り外しはAという業者、取り付けはBという業者と、違う業者でエアコン工事を行ってもらうことが多いですが、引越しの距離によっては同一業者へ任せたほうが圧倒的に楽なので、検討して見て下さい。

福岡から青森・・・みたいに劇的に遠い距離を移動するときは別業者へ任せるべきですが、例えば横の県に引っ越すときとか、同一市内に引っ越すときとか。とにかく移動にそれほど時間を費やさない距離の引越しの場合、同一業者に任せるほうが何かとスムーズです。

MEMO
場合によりけり

以上、引越しするときのエアコン工事に関するアレコレでした。