引越し前は、早めに「インターネット回線」開通工事を予約しておこう!

自宅でパソコン作業をする人や、YouTubeを楽しむ人、スマホをWi-Fiで繋ぎたい人やオンラインゲームを楽しみたい人。とにかく「俺の人生にはインターネット環境が必要不可欠!」って人は、引越し前に必ず【回線開通工事】を予約しておくようにしましょう。

インターネット回線って、引越し後すぐに使えるものなの?
場合によってはすぐ使えるけど、基本的に開通工事が完了するまでは使えないよ・・・

引越し後のインターネット回線についてのアレコレまとめ

  • ネット環境がないと凄く不便
  • 回線工事は一ヶ月以上かかることも
  • 入居日の一ヶ月前には予約しておこう
  • 新規開通はキャッシュバックがお得
  • スマホのデザリングを活用するする方法も
  • ポケットWi-Fiで事足りるかも!?
  • インターネット回線付きの物件を探す
  • フレッツ光は転居手続きでオッケー

自宅でインターネットを活用する人や、スマホをWi-Fi接続する人は「新居へのインターネット回線開通工事」が必要になるケースがあるから、その辺りについて色々まとめておきます。

ネット環境がないと凄く不便

普段からパソコンでインターネットを観覧する人や、仕事でネット環境が必要な人、通信制限を回避するため、スマホをWi-Fi接続する人など、とにかくインターネット環境が必要不可欠な生活を送っている人は、引越し前に必ず【回線工事】の予約を取っておきましょう。

ネット環境がないとほんと不便ですからね、今まで使えていたものを使えなくなるストレスは計り知れません。ストレスでどうにかなっちゃうかも。

 

スマホのデザリング(後述します)を使う手もありますが、通信制限に引っかかり余計不便な思いを強いられるかもしれませんし、制限解除のため課金を繰り返し、携帯料金が跳ね上がってしまうことも考えられます。

入居と同時に回線工事を行い、遅くとも入居後1週間以内には回線工事を終わらせるぐらいの心構えを持っておいたほうが何かと捗りますよ。

MEMO
ほんと不便

回線工事は時期によって1ヶ月以上待たなければいけないことも

インターネット回線は、「明日から入居するから即刻回線工事をしてくれ」とお願いしても、その要求が通ることは非常に稀です。特に引越し繁忙期となる2月〜4月にかけては回線工事の予約が埋まっており、土日祝など人気な日ともなると「1ヶ月以上」もの待ち時間が発生することも十分考えられます。

一ヶ月もインターネット環境がない生活に耐えられますか?うん、無理。

 

繁忙期でなくとも、(回線工事まで)一週間〜二週間程度の期間が必要なことがほとんどなので、新居への回線工事を急ぎたい人は、早め早めの行動が大吉です。

入居日の一ヶ月前には予約しておこう

インターネット回線の開通工事予約は、入居日の「一ヶ月前」を目処に予約しておくと何かとスムーズです。ただし、退去日が決まっており、なおかつ新居側へ【開通工事していいですか?】と了承を得てから、予約するようにしておきましょう。

予約後に「え、そんなの聞いてないけど?」と何かしらのトラブルに発展する可能性もゼロではありませんから。

 

また、入居する物件によっては開通できるインターネット回線が限定されることが多いです。例えばAというマンションはフレッツ光に対応してるけど、Bというマンションはイオ光にしか対応してない・・・みたいな感じ。

インターネット回線の代理店へ問い合わせることで新居に「回線が対応してるか」を簡単に確認することができるので、事前に調べておきましょう。

注意
早めに行動しよう

新規開通はキャッシュバックキャンペーンがお得

代理店によっては、「インターネット回線を開通することでキャッシュバックするよ!」ってキャンペーンを行っている業者があります。このような代理店を利用することでお得にインターネット回線を開通できるので、ぜひ調べてみて下さい。

 

ただし、キャンペーンを適用するには「沢山のオプション」へ加入しなければいけなかったり、無駄に月額料金が高くなったりすることもあるので、その辺りは注意して下さい。

また、現金キャッシュバックではなく、PCやPS4などをくれる代理店もあります。PS4欲しい・・・

スマホのデザリングを活用することで一時凌ぎにはなる

デザリングとは、iPhoneやスマートフォンの通信をPCやタブレットにもお裾分けできる機能のこと。デザリングを活用すれば自宅へインターネット回線がなくともネット環境を手に入れることができるので、ほんと便利です。

開通工事の予約が取れなかったり、何かしらの事情で工事が遅れたときは、一時凌ぎの手としてスマホのデザリング機能を使うのも一つの手ですね。

 

例えばiPhoneならこう設定します。

↑iPhoneの設定から「インターネット共有」へアクセス

↑赤枠をオンにすることでデザリングが開始されます。後は利用したい端末のWi-Fiをオンにし、青枠のパスワードを入力するだけ。簡単ですね。

ポケットWi-Fiで事足りるかも!?

インターネット環境は必要だけど、「光のようなスピードは必要ないな・・・」って場合は、ポケットWi-Fiで事足りるかもしれません。

ポケットWi-Fiとは?
持ち運び可能な無線ルーターで、どこでも楽々インターネット生活ができる神のような存在

ポケットWi-Fiがあれば自宅はもちろんのこと、外出先でもインターネット接続を楽しむことができます。スタバでMacを広げドヤ顔することも、外出先で通信制限を気にせずYouTubeを見ることも。想像してみて下さい、ポケットWi-Fiを持っているあなたは最早無敵です。

月額料金も3000円〜4000円で利用できるので、自宅を回線を引かず、ポケットWi-Fi一本でインターネット生活をエンジョイしてる人も割りと多いので、どうぞ参考までに。

 

ただし、都市部ではそれほど気にする必要なしですが、物件によってはポケットWi-Fiの電波が物凄く悪いこともあります。下手すりゃ圏外の可能性も捨てきれないので、その辺りは十分ご注意を。

インターネット回線完備の物件を選ぶのも一つの選択肢

時代の流れからか、賃貸物件には初期仕様で「インターネット回線」が完備されている物件もあります。入居後簡単な設定をすることで即利用できるので、ほんと便利。

場合によりけりですが、大体のケースで「回線料金は家賃に含まれている」ので、すっごくお得です。ただし、光回線よりはスピードが遅く、オンラインゲームなどには向いていないかもしれません。

 

しかも、元々回線が付いている故、【別の回線を契約できない】ってこともあるようなので、どうしても光回線が必要な人は事前確認をオススメします。

MEMO
場合によりけり

ちょっと待った!現在進行形で光回線を契約している人は、新規開設ではなく「転居手続き」を

現在進行系で光回線を契約している人は、新規開設ではなく【転居手続き】として、新居へ回線工事を行うほうがお得です。インターネット上から手続きできますので、要確認。

例えばフレッツ光を契約中の人は↓を参考に。(フレッツ光公式サイトです)

ちなみに転居先が契約している回線未対応の場合、自動的に解約手続きとなります。回線によっては、契約期間に達していなくても転居による解約は違約金が発生しないこともあるので、その辺りも含め、お問い合わせしてみて下さい。

以上、新居へのインターネット回線工事に関するアレコレでした。